単焦点眼内レンズ

単焦点レンズについて

白内障手術に使用する眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があります。単焦点眼内レンズはその名が表すとおり、1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。単焦点眼内レンズを入れた後は白内障のにごりがなくなり非常に明るくなり見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきりと見えるという訳ではありません。近く(手元の距離)に焦点を合わせた眼内レンズを入れた方は、手元は眼鏡なしでよく見えますが、運動する時や、知らない町を歩く時には、遠距離用のめがねが必要となります。逆に遠く(数メートル先)に焦点を合わせた方は、運動する時や、知らない町を歩く時には裸眼で平気ですが、読書をする時などの手元を見る際に近距離用のめがねが必要となります。

単焦点の眼内レンズ

単焦点の眼内レンズ

乱視矯正レンズ

現在の白内障手術では術前検査の機械の精度が良くなったため、遠視や近視のみの方は術後の裸眼の見え方がとても良くなりました。
乱視用眼内レンズは乱視が強い方へ適応します。
術前から患者様が持っていた乱視を軽減することができ、乱視の矯正も同時に行える為、見え方の質が良くなり、より良い視力が得られるようになりました。
当院では約20%の方が乱視用眼内レンズを挿入しています。